顧問プロフィール

徳岡 晃一郎 (多摩大学大学院研究科長/フライシュマン・ヒラードジャパン パートナー)

1980年東京大学教養学部国際関係論卒。

オックスフォード大学経営学修士、日産自動車人事部、欧州日産を経て、1999よりコミュニケーションコンサルティングでは世界最大手の米フライシュマン・ヒラードの日本法人のSVP/パートナー。

人事制度、風土改革、社内コミュニケーション、レピュテーションマネジメント、リーダーシップ開発などに従事。同時に、2006年より多摩大学大学院教授、2014年より同研究科長。

著書に『MBB:思いのマネジメント』(野中郁次 郎教授、一條和生教授との共著、東洋経済新報社)、『イノベーターシップ』(東洋経済新社)、人事異動』(新潮社)など多数。