人こそが我が社の商品。だからこそ社員教育を最重視している 

株式会社東和コーポレーション

代表取締役会長 藤巻泰様

東和コーポレーションは請負業として、建設現場にいろいろな技術を持った人材を提供するのが仕事です。

若い頃は私も建築現場に出て働き、さまざまな人たちと接してきました。現場での様子を観察するうちに感じたことは、人柄も技術の質もまちまちだということです。すぐ揉め事を起こすような喧嘩っ早い人もいれば、とても真面目できちんとした考え方を持っているにもかかわらず、日払いの単純作業に甘んじている人もいました。

建築現場で働く人の技術はその工事全体のクオリティーも左右します。だからこそ適材適所で働いてもらうことで、作業をする人も現場もWIN-WINの関係を作れるのではないかと思いました。さらには能力のある多能工と呼ばれる人を育てる必要性を感じるようになり、建設現場でのアウトソーシングを事業化していったんです。

我が社の商品は人であり、人材の能力こそが武器。ですから、人材育成はもっとも力を入れていることです。現場で働く人たちへの安全教育や技術教育をしっかりと行うのはもちろん、一人でいくつもの技術を持ったマルチな人材を育てています。人も提供するサービスも他社と比べて高いクオリティーを追求し続けて今日に至ります。

おかげさまで、創業から30年余りが過ぎ、今では我が社の基盤となるビジネスに発展しました。

一人ひとりに焦点を当てて能力を引き出す研修 

さらに規模が拡大し、会社になってくると、個人で動くよりもきちんとした組織の方が効率がアップしてより大きな結果を残せます。一人でできることには限界があので、ある分野を得意とする人や専門性のある人たちに分担して業務を任せ、私は組織に属するようなタイプではないですが、組織を作ることには興味がありました。総務、経理、管理部と会社としての部署を整えていくうちに、マネージメントを担当する内勤社員も増えて、現在では80名ほどになります。

人を育てていかないと会社は伸びないというのが私の考え方です。社員が増えていくにつれ、より強固な組織となっていくために、もっと彼らの能力をあげたいと考えるようになりました。

社員教育の一環として、私自身も2週間に1回ほどのペースで7~8名の社員を集めて、勉強会を設けていますが、より個々の能力を引き出すために、MBL研修を取り入れています。

実は社員研修は今までも何人かのコンサルタントの方にお願いしてきました。それらと比較してMBL研修が違うのは、近い距離で人材を引っ張っていくということに特化しているところです。大人数を前にして一方通行で行う講義や、決まったメソッドを伝えるだけの研修とは全く違います。

 なんの意識も持たずに、ただ与えられたことを朝から晩までやるだけでは、人としても会社としても発展は望めません。MBL研修はそれぞれの個性に合わせて「この人にはこういった方法が良い」「この人には別のやり方があっているのではないか」と一人ひとりを見極め、カスタムメイドのようなアプローチで能力を引き出してくれるんです。

確実に社員に変化が。自分の成長を認めて積極性が出てきた 

会議や勉強会で社員と接していても肌で感じるのですが、MBL研修を経験して、少しずつ、そして確実に変わってきていますね。

私が常日頃社員たちに話していることは、困っている人を助けてあげること。世のためになることをすることなどです。当たり前のことと思われるかもしれませんが、その当たり前ができないことが結構あるんです。森山先生の社員一人一人に寄り添いながら一緒になって問題を解決しようとする姿勢に触れることで、社員たちも、そうしたことを理解してきていると感じます。

MBL研修は基本的に生徒たちがそれぞれに成長していくことを目的としているので、一対一で生徒と向き合うスタイルが特徴です。生徒としても研修を通して、自分をきちんと見て、接してくれているという実感が得られるようです。

それと、以前は勉強会でこちらが何か質問をしても、どこか傍観者的に取り組んでいると見受けられることがよくあったんです。中には「なんでこんなことをしなくてはいけないんだ」とイヤイヤ参加していた人もいたかもしれません。

ところが、近頃ではレスポンスがものすごくよくなって積極性が出てきました。他人事ではなく自分のこととして会社の問題にもあたる姿勢が見られます。東和コーポレーションの社員としての責任感と自覚が芽生えてきました。

自分が何を目標としているかが明確になり、それに対して取った対応と結果を客観的に見られるようにもなってきていると思います。おそらく彼らは、自分自身の成長を実感して、自信を持ちつつあるのでしょう。

MBL研修での考え方ややり方が浸透してきたようです。

会社の規模拡大とともに東和イムズを伝えていく人材を 

東和コーポレーションは近年、M&Aによって急速にその規模を拡大し、売り上げも倍以上に伸びました。そして今後もさらなる発展が予想されます。

しかし一方では、規模が大きくなるに従って社員数も増え、意思の統一が以前よりも難しくなってきました。新たに仲間となった社員たちに、創業以来私が伝えてきた「お客様の立場に立って考え、行動する」という理念を浸透させていく立場の人間が必要だと感じています。そのためには関連会社を含めた幹部予備軍の育成が必須です。そして人にスポットライトを当てて、やる気を引き出していきたいとも考えています。

実際にMBL研修を通して、社員たちは仕事も安心して任せられる頼もしい存在として成長してきました。次世代を担う幹部予備軍を育成する場として、今後もMBL研修に期待をしています。

 

社員たちには研修受講をチャンスと思って、さらに上を目指してほしいですね。